2010年01月24日

病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望(医療介護CBニュース)

 全国老人保健施設協会(全老健、川合秀治会長)はこのほど、中小企業の資金繰りを支援するための「緊急保証制度」の対象となる指定業種に、病院や診療所、介護老人保健施設を加えるよう求める要望書を直嶋正行経済産業相と民主党の小沢一郎幹事長にあてて提出した。

 2008年10月にスタートした緊急保証制度は、中小企業が民間の金融機関から融資を受ける際に、信用保証協会がその保証をするもので、対象となるのは「最近3か月間の平均売上高などが前年同期比マイナス3%以上減少している中小企業者」など。昨年12月4日には指定業種が追加され、全793業種が制度の対象となっているが、病院や介護老人保健施設などは指定業種に含まれていない。

 全老健は、「診療報酬・介護報酬は若干の見直しが行われたものの、これまでの引き下げにより厳しい経営状況で運転資金が不足している医療機関などは相当数存在している」などと現状を問題視。その上で、「医療機関などにおいても、貸付制度(福祉医療機構)だけでなく、保証制度による信用補完の拡充が必要」と指摘し、病院や診療所、介護老人保健施設を指定業種に加えるよう求めている。


【関連記事】
基本部分引き上げで、キャリアに応じた賃金体系を―09年回顧と10年の展望 全国老人保健施設協会・川合秀治会長
創立20周年記念式典を開催−全老健
これからの老健の在り方でシンポ
設備投資、医療機関の7割超が「民間」頼み−日医総研調査
介護基盤整備などへの融資で優遇措置−福祉医療機構

名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
タレントのミッキー安川さん死去(時事通信)
「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目−新潟(時事通信)
posted by スザキ タカヒロ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。