2010年05月14日

<雑記帳>アップルパイマップでPR 青森・弘前(毎日新聞)

 日本一のリンゴ産地・青森県弘前市や弘前観光コンベンション協会などが市内洋菓子店などのアップルパイ34点を掲載したガイドマップを製作、JR弘前駅観光案内所などで無料で配っている。

 生食やジュースが主流のリンゴ消費拡大を目指し、協会の女性観光コンシェルジュが発案。好みの一品を求めて食べ歩く際にも使えるように、試食会で判定した甘みや酸味など4種類のデータも盛り込んだ。

 東北新幹線延伸(12月)を控え、終点・新青森駅から在来線で30〜40分の同市への観光客誘致も狙う新スイーツ路線。関係者は「快適な新幹線に乗り、快食を」と期待するが、ちょっと甘すぎ? 【塚本弘毅】

【関連ニュース】
新幹線:八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か
東北新幹線:緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
JR東日本:初の女性新幹線運転士が乗務 福島の酒井さん
雑記帳:三浦春馬と青森をPR CMヒロインを募集

患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案(読売新聞)
国体「インチキしてでも1位」山口県副知事(読売新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
posted by スザキ タカヒロ at 11:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

行政委員の報酬、高裁も「月額制は違法」(読売新聞)

 滋賀県が労働、選挙管理、収用の各行政委員(計26人)に勤務日数に関係なく月額約20万円の報酬を支出するのは地方自治法違反だとして、吉原稔弁護士(滋賀弁護士会)が嘉田由紀子知事に支出差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。

 岩田好二裁判長は、選管委員長を除く各委員について、支出差し止めを認めた1審・大津地裁判決を支持し、嘉田知事の控訴を棄却した。

 判決で、岩田裁判長は、選管委員長以外の委員の勤務日数が月1・89〜2・22日であることを挙げ、「(勤務日数に応じて支給すると定めた)日額報酬の原則に抵触し、著しく妥当性を欠く」と述べた。一方、月5日前後の勤務だった選管委員長については、「ただちに違法とは言えない」とした。

 嘉田知事は「判決内容を確認、検討し、適切に対応したい」とコメントした。

「結果的に口止め料」2・7億円報酬で富士通の野副元社長が会見(産経新聞)
東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」(産経新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
赤城自然園 再オープン 閉鎖後、元社員が無給で手入れ(毎日新聞)
川で小魚大量死=水面1.7キロにわたり白濁−奈良(時事通信)
posted by スザキ タカヒロ at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。